読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初抗がん剤

乳がん
初回の抗がん剤やってきました。
診察前に血液検査があって、その結果をみるので、
診察予定時間の1時間前に受付。

診察もみなさん、早くくるのでずいぶん待ちますが、
母といったので退屈せずにすみました。

診察後、スタッフに連れられて、化学療法センターへ。
あ。その前に吐き気止めのカプセルとを薬局でもらい服用。
エレベータが点検中;;で遠回りで3階まで移動しました。

化学療法センターでそちらのスタッフに挨拶。
リラックスチェアが10台くらいとベッドが3台設置の3面窓のお部屋。
どこでもいいですよ〜、と言われたのですが、よくわからなくて
母も一緒だったので端っこの広いスペースのあるリラックスチェアへ。

スタッフの看護師さんから説明を受けながら、
点滴開始。
まずは吐き気止め。
事前のカプセルとは別に点滴で入れます。
アロキシとデカドロン。
次に抗がん剤1。
エピルビシン。
濃いオレンジ色の毒々しい液体;;
次に抗がん剤2.
エンドキサン。無色透明。
次に抗がん剤3.
5−FU。無色透明。
最後に生食で流し込み。

合計5本点滴しました。
初回だったのでゆっくりで2時間半。
その間、ちょくちょく看護師さんが声掛けにきて
おしゃべりしてくれました。
抗がん剤治療中の注意事項とか、
生活面でこうしたらよいとか、
いろいろ教えていただきました。
スタッフがやさしい人ばかりで安心w

会計後、経口のお薬の処方箋がでてるのでとなりの薬局へ。
3日間飲む吐き気止め、24時間おきに飲む吐き気止めカプセル、
白血球が減少する時期から飲み始めるシプロキサン、
頓服で吐き気止めと鎮痛剤。

吐き気止めの点滴アロキシは4年前から使われるようになったお薬で、
これのおかげで吐き気がまったくありません。
看護師さんも、仕事をしている方もいらっしゃるので
生活を変えないように今はお薬が進化しているんですよ、と。
ほんと、助かります。

ムスコのほうは、活動後に一時ケアへお願いし、
会社を早退してダンナが迎えに行ってくれていました。

前日は1日大腸内視鏡検査、翌日は1日抗がん剤治療、
夜はもう8時くらいに眠くなり、早々に寝ちゃいました。

今朝は具合悪いところなく、普通に車でムスコを送っていけました。
お薬の進化、ってほんと凄い。
副作用がどんな風にでるか、これからも戦々恐々ですが、
チップさんに教えてもらったお料理の本を読みながら、
リラックスして対応できるような気がしてきました。