読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんでした

先日のドッグ健診で見つかった胸のしこり、
乳がんでした・・・

去年なんともなかったのになぁ。

近くの済生会東部病院に乳腺外科があるのでそちらにかかりました。
初診は総合外科。
そこでもすぐにマンモグラフィ(左右乳房の上下・斜めとしこり部分の拡大で5枚)と
エコー(超音波)で脇・甲状腺を含めた胸部分。

結果は1週間後でした。
ここからは乳腺外科の診察。
断定はできないが「かなり怪しい」とのこと。
すぐに生検しました。

しこり部分の細胞をとるために、
局所麻酔して注射針より大きい針で3回刺されました〜;;

そして次の診察には主人同伴がよい、と。

ダンナには前回の「怪しい」報告をして二人して本で勉強していたので、
出張の仕事をキャンセルさせて次の診察についてきてもらいました。

結果。
浸潤性乳管がん、ステージ�Ua
サブタイプはルミナールBだということでした。
HER2については検査結果がまだでてませんでした。
Ki-67の値は高いそうです。いわゆる顔つきの悪いがん?らしい。

この後、HER2の結果と正確ながんの広がりやリンパ管の検査をして、
次回の診察で治療の具体的な内容と手術のスケジュールが決まると思う。

ダンナは大事な会議があるとかで診察が終わったら会社へ行ってしまったけど、
私は引き続き、CT検査を受けました。
造影剤を注射されながら狭い筒を何回か往復。
簡単な検査でした。

MRIと骨シンチは来週、東神奈川にある済生会神奈川県病院で受けます。

検査・治療・手術となかなかハード。
ムスコの施設には状況を説明して必要なときは一時ケアを入れることに。
施設側も協力していただけるようで一安心。

勉強のために買った本。

「乳がんと診断されたらすぐに読みたい本」


「別冊NHKきょうの健康 乳がん」


「乳がんといわれたら 乳がんの最適治療2014〜2015」

どれも詳しくわかりやすく書いてあります。

それと。ママ友たちがかなり応援してくれています。
どんだけ心強かったか。
泣きながらムスコの送迎した、とかいったらすぐに話を聞いてくれました。
そしたら仲良しの一人が実は乳がん患者でした。
彼女と直接話をして元気をもらいました。
とにかくムスコのために治さなきゃね。

このブログも今後の治療とか書きとめていこうと思います。