チュニジア土産



先月、実家の母が突然電話してきて、
「今夜からチュニジアにいってくるけん(博多弁)」
なぬ、いきなり

10日ほど行ってきてお土産を送ってくれました。
上の画像はお土産の一部です。
現地の新聞に包んでありました。
アラビア語です・・・

チュニジアはアフリカの北部、地中海沿岸の国です。

ナツメのドライフルーツ、フルーツのゼリー、
ヌガー、砂漠の薔薇、サハラ砂漠の砂、岩塩。
(上から)

サハラ砂漠の砂と砂漠の薔薇には驚きました。
砂はかなり細かくて「ケースは開けないように」と母の注意書き。
砂漠の薔薇は昔、海底だったところが、
長い年月で石膏分が結晶化してできたもの。
日本では珍しいものみたいですが、
電話で母に聞いたところ、
現地では結構落ちてる(!)らしく、
見学の最初では日本円で1000円くらいで売ってくるけど、
後のほうで結構安くなってるとか・・w
いくつか買わされたらしいです;;

岩塩はまだ使っていませんが、
普通の塩よりまろやかな味でした。

チュニジアからドバイへ行く途中、
中継地としてリビアトリポリに飛行機が止まったそうです。
そこでは一切カメラ撮影禁止で、
シートベルトもはずしちゃダメ、
飛行機の中を機関銃?持った兵隊さんがパトロールしたそうです。
「怖かった〜〜」と言ってました・・

自由な時間があって好きなところへ行くのは全然いいのですが、
安全なところへ行ってほしいものです・・